«前の日記(2006/09/29(Fri.)) 最新 次の日記(2006/10/05(Thu.))» 編集

ETilog.net

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2006/09/30(Sat.) [長年日記]

[ETilog9][Review][TV] 「きょうの出来事」終わる

「NNNきょうの出来事」が終わりやがった。日本一の長寿番組で、古くは朝日放送(現在ANN)、中部日本放送(現在JNN)でも放送されていたという、とんでもない歴史のある番組である。私はこのニュース番組が好きだった。どのくらい好きかと言えば、同番組のオープニング曲を着メロにしているくらい好きだった。

小学校中学年の頃、夜11時といえば(まだまだ)まさに大人の時間、起きていてはいけない時間だった。ニュースステーションは見ても問題ない時間だったのだが、夜11時といえば一度寝付いておしっこに立つときにブラウン管に映し出されるまぶしい大人の世界だったわけだ。

最初にちらちら見始めたのは、「FNN NEWSCOM」だったと思う。あの常に音が鳴り続ける短い時間のニュースはよく母が見ていた気がする。同じくらいに見ていたのが「筑紫哲也NEWS23」だったと思う。あの井上陽水のオープニングこそ、夜も遅い時間のニュースという感じではないか。あのまったりした感じも、夜の静かな時間にあっている。このどちらかを、先に見ていたかは覚えていない。夜10時台の番組次第だったのではないかと踏んでいる。

そして、ある時期から「NNNきょうの出来事」に落ち着き始めたのである。その端緒は、薬害エイズ事件だったのではないかとおもう。まだ、世間の注目を集める以前から同番組はその問題を取り上げていた。そこで流れていたのは、私にとっては小さい頃馴染んだ下北沢の街や駅と、そこに現れる安部英、そして、それを追いかける櫻井良子キャスターであった。ストーカー気味に追及する*1櫻井キャスター、それにキレてカメラに暴力をふるう安部英。私は櫻井キャスターの迫力を感じていた。ただ、そういったVTR以外の時の櫻井キャスターはもの柔らかだったと記憶している。結局、夜見るニュースは「きょうの出来事」に落ち着いたのだった。

櫻井キャスターが辞めたとき、「櫻井よしこのいないきょうの出来事はきょうの出来事じゃない」と思って一度見るのを止めた記憶がある。ただ、どうも間延びした感じを他局のニュースには感じるようになり、結局「きょうの出来事」に戻ってきた。そのうち、「きょうの出来事」→「ニュースJAPAN」→「プロ野球ニュース」とハシゴするのが常道となった。

わざわざ邪魔になるのに画面上にテロップを流したり、コメンテーター的なゲストを毎日呼んだりと、「改悪」も何度も行われてそのたびにぶち切れていたが、この番組から移るってことはあまりなかった。23:24スタートになったとき、その時間まで「NEWS23」を見たりといったことはあったが、やはりこの番組のコンパクトさ、ストレートニュース主体の構成、意見表明をあまりしない謙虚さ(裏番組のNEWS23と決定的に違う点である)、特集の打率の良さと相まって、ずっと見ていたわけだが……終了とは残念である。


「きょうの出来事」は52年も続いた番組だったが、内容は時代時代に応じてずいぶんと変わっていっていたと思う。当時はまだ幾分かちゃらちゃらしていた(?)櫻井良子を起用したり、「きょうの出来事 Sports&News」「きょうの出来事&Sports MAX」とスポーツ内包にしたり*2と、中身は時代時代に応じて変わっていたはずだ。だったら、今回の「NEWS ZERO」でも同じ内容で「きょうの出来事」のままやってくれても良かったのにと腐したくもなる。……伝統ある「きょうの出来事」に櫻井翔から小林真央まで出すわけにはいかなかったと言うことなのだろうか?

ついでだが、これで日本のテレビ局のニュース番組から和文タイトルの番組がなくなったのではなかろうか? NHKの朝だって、「おはよう日本」の前に「NHKニュース」がついているし、ABCの夕方も「NEWS ゆう」で、たいていは「ニュース」が入っている。「きょうの出来事」って日本語でドンピシャのタイトルもなかったのに(放送開始時間が日付変更をまたぎ、「きのうの出来事」ではないかという批判は多かったようだが)


正直、民放でショーではなく、まさにストレートニュースといえる報道番組はこれで完全に姿を消すのではないだろうか。「きょうの出来事」だってキャスターニュースではなく、VTRを使ってストレートニュースを実現していたくらいなのだから。。。そう考えると、やはり残念だ。……絶対後番組のNEWS ZEROなんて見てやんない!とかって口だけで、オープニングがかっこよかったりしたらあっという間に自分の中で定着しちゃうんだろうけどなw*3 

*1 当時は事件の深いところまでは理解できなかったのか、厳しい追及だなとしか思わなかったのですよ

*2 新聞テレビ欄では形式的に「きょうの出来事&Sports MAX」が終わるときには(終)マークが出ていたと思う

*3 NEWSリアルタイムがそうだった


«前の日記(2006/09/29(Fri.)) 最新 次の日記(2006/10/05(Thu.))»

何かあればwebmaster@etilog.netまで