最新 追記

ETilog.net

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|

2006/07/30(Sun.) [長年日記] この日を編集

[ETilog9][お知らせ] 2ヶ月程度お休みしました

随分と地獄を見させてもらいました。今、こうしてキーボードを叩いていると、なんか安心します。この2ヶ月間の表向きの内容はこれから書いていくこととして、内向きのことはいずれ書く機会もあるでしょう。

バブルはもうはじけてしまった。あとは好きに書くこととします。もう遠慮はしない。

……これが厄なんだろうな。

[ETilog9][蹴球ネタ] W杯なんてとっくに終わったわけですが

逆にジーコじゃなかったら、今回の結果でもっと叩かれてたんかなーとか。いつかはこういうこともあるって出ないとまずかったんだもんねえ。

オーストラリア戦だけ前半見なかったんだけども、後半の崩れ方は駄目な時は駄目ってすごいくらいの敗北ロードだったな。ブラジル戦ではセレソンの怒濤の攻撃に賞賛が行ってた気がしたけど、個人的に感動したのは、守備。日本が攻撃しかけたときにはもうDFが4人くらいいっせいにボールめがけてやってきてるんだもん。ほんとうの守備ってのを見させてもらった。やっぱ、ブラジルってコンフェデ杯とかオリンピックとは比べ物にならないくらいの情熱をワールドカップに持ってるんだろうなあ。

ワールドカップ期間中は、なんかしらないが夕方に寝る→夜11時に起きる/朝に寝る→昼前に起きるって1日2回睡眠の生活リズムに期せずしてなっていたわけですが、あまり試合は見なかったな。見れば面白いのもあったけど、これで4年後もいける。

[ETilog9][野球ネタ] ここ2ヶ月の楽天イーグルス

ブログを悉くお休みし始めた頃、交流戦真っ只中のイーグルスがやったら強かったわけで、隔世の感があります。でも、6月15日のフルキャスト宮城の阪神戦、ラジオで聞いていてなんとか勝利をものにして、思いっきり辛かったその日、完璧に塞いでいた気分が少しばかり楽になったのを覚えております。その日、同点に追いつかれてそのまま負けていたら、今頃何もかも放り出してニートになっていたかもしれません。

ま、交流戦も終わって弱くなってしまったわけですが、いいんです。光もあれば影もある。影もまた光である。最近の境地であります。

[ETilog9][Review][Book] 僕はいま、綾子に夢中。

正直、ここ2、3ヶ月はほんとうにやってられなくて、もうどうしようもなかった。もう、ここまでくると趣味とかスポーツとかじゃ生産性維持は不可能で、はっきり言えば、クスリか宗教か女かにでも走らないと駄目な気がしていた。

それもなあ…ってんで、「ショッピングで散財」という中途半端な選択肢をチョイスしたわけですけども、それで行ったイオンの未来堂書店で三浦綾子の「氷点」(角川文庫)を買ってみる。なんで突然読みたくなったのかはさっぱり分からぬ。ただ、その頃の僕は憎しみと怨みで占拠されていた。そういった呪詛を解き解す術を求めていたのやも知れぬ。今年神奈川に戻っていた頃に読んだ「塩狩峠」が面白かったってのもあったのだろうけど。…「氷点」は角川文庫の所定の書棚ではなく、「発見。夏の100冊」キャンペーンの店頭山積みのところにしかなくて、危うく買い損ねたのではあった。

家に帰って、大した期待もせずに読み始めたのではありましたが……今まで読んだ一般小説(歴史小説・時代小説・推理小説を除いた小説)の中で一番面白かったかもしれません。みみっちい怨み辛み嫉妬疑いの嵐*1が、最初から最後まで絶え間なく読者にマシンガンされるわけで、その激しい攻めは快感である。惜しむようにして「続氷点」の下巻まで読み終えた。それに飽き足らず、新潮文庫の三部作と言われる「道ありき」「この土の器をも」 「光あるうちに」も古本屋を探しまわって全部買って(合計315円…ごめんなさい)、一気に読んでしまった。

いや、「細川ガラシャ夫人」と「千利休とその妻たち」は高校時代までに買って読んでたんですよ。「細川ガラシャ夫人」はそれなりに面白いと思ったけど、それは独特のポジションから来る稀少さだったかもしれない。「千利休とその妻たち」に至っては、買ったか買ってないか(読んだか読んでないか)すら、もう忘れていたよう……だいたい、今の住居にこの4冊はもってきてないから、やっぱ熱心によんだというわけではなかったのかしらん。この間実家に帰って本棚を探ったら、「千利休とその妻たち」は実家の書棚でも、「つまらないほうの本」の棚に入れてたし。とりあえず、「つまらなくないほうの本棚」へ戻しましたさ。「千利休とその妻たち」はプロットとしては「細川ガラシャ夫人」より面白いとは思わなかったのだが、千利休の茶道に関する考察周りは、今の僕の茶道観を大きく左右している。いずれ読み直したい。

やっぱり、宗教はするどい示唆を与えてくれる。たまに何か信仰を持てば楽になれるのかなって思うこともあるけど、幅広く活動するには少しばかり不便なので今の状況*2になってしまっている。でも、いいや。これからもうちょっと理解を進めるべく、いろいろ読みあたりたいとおもう。

氷点 (上) (角川文庫 (5025))
三浦 綾子
角川書店
(no price)

*1 娘を殺された恨みはみみっちいわけはなかろうが、作中の雑念はそれだけではないことは、一読いただければ分かると思います。

*2 僕は「無宗教」ではない。

[ETilog9][Place] いわて県民情報交流センター・アイーナへ

だいぶ前のことだけども、パスポートを取得しに岩手県民情報交流センター(アイーナ)へ行ってきた。図書館鑑定人(?)の私としては、4月にさっさと行きたい気持ちもあったのだが、なんとなく行かずに終わっていた。

f:id:ettie:20060730202618j:image:w320

2階のパスポートセンターへ。……昼時(昼休み)の時間だというのに中に誰もいない。。。東京都庁のパスポートセンターは「行列」だったというに! おかげさまでスピーディーに申請終了。あとはほっつき歩いてみる。

1階・2階はパスポートセンターなり免許センターなりがあるわりには、それほどの人手はない。やはり、3階・4階の岩手県立図書館がアイーナの「核テナント」と言えよう。…いや、すっかり高校生に占拠されておりましたがね。たしかに、駅前だしクーラー効いていて涼しいしなあ…あまり、自習席云々のルールに関しては徹底運用する気はないようだった。子供向け書籍のところも見てまわってみようかと思ったが、なかにだれも子どもがおらず、入った瞬間に図書館員が「何か?」と来たので早々に退散した。……子どもの本を見て童心に帰ろうとしても、僕の体はもう不審人物としてしか識別されないのだろうか、と被害妄想にふけってみたのであった。

図書館そのものは、前と比べ物にならないくらい明るくなったし、綺麗になった。…書籍にせよ雑誌にせよ、蔵書数は「ほどほど」の印象だが、郷土資料は流石である。内丸にあった頃はあるとはおもってなかった資料も結構発見できた。リファレンスコーナーを上手く使えれば、いろいろ勉強できそうだ。

吹き抜けのエレベーターをつかって、上まで一通り見てまわった。いろいろあるが、個人的に目を惹いたのは4階のスタディカフェ「Rise」。なかなか岩手だと赤本なり参考書なりを参照できるところってのは限られているので、大学受験生には福音かもしれない。

今年度いっぱいはいろいろとお世話になることも多そうです。ただ、駐車場が市営駐車場プライスなので、1人で行くときに4時間以上いるってことだったら電車利用のほうがいいってことになるのであった。…いや、ちょっとした用でも電車使っちゃうけど。

[ETilog9][Place] 三戸へ

三戸へ行ってきた。2回目。前行ったときはちょうど東北本線が三セク化されるまえで、はつかりの三戸駅利用をしてみたいってんで行ってきたのだった。今回は(あろうことかこの私めが)車で行ってきた。盛岡から北の国道4号は、走っていて楽しい。そこそこの曲がった道に、広い道路。左右を山に囲われて、集落をひた走る。生活の躍動感を感じながら走ることが出来る。

前に行ったときは、市街を歩いてみてタイムスリップをしたかのごとき印象を受けた。ちょっと見てみると、平日でも殊のほか賑わいを感じる。たしかに、この街の灯をともし続けるには、三戸に関しては合併は最善策ではない気がした。先日調べていてびっくりしたのだが、八戸だって、もともとは三戸郡だったのだ。かたや、漁港の港町から工業都市として大きく発展し、こちらはいつまでも古城としての慎ましやかな町を保ってきた。二戸と八戸に挟まれて、なかなかに苦しいポジションである。

f:id:ettie:20060730204113j:image:w320

三戸城にも行ってきた。2回目。前回工事中だった綱御門を見学*1

模擬天守には前回は行っているので、今回はパス。

道の駅さんのへへも行ってみた。

f:id:ettie:20060730204635j:image:w320

駐車スペースはそれほど広くはない。物産は、結構幅広い。展望台もあり、三戸市街は見通しがそれほどよくないので見渡せないけども、山に囲まれた三戸の町を360度に味わうことは出来る。暑かったので、近くのミニストップで抹茶ソフトを買う。一戸・奥中山以北でないとミニストップはない。だが、青森であれば気軽にファーストフードを24時間買って食べることが出来るわけだ。現に、親子連れがミニストップにも来ていて、買っていっていた。

三戸は南部のオリジンである、と書くと間違いがあるだろうか。三日月の丸くなるまでと言われた南部領の真ん中として位置していたころも、派手さはなかったんだろうと思う。しかし、派手ではないが居心地の良さを感じる。これは、盛岡にも引き継がれていると思う。

*1 いや、前回も工事中だったけどいちおう見学はした…ふもとからは立ち入り禁止だったけど、山の上からはそうじゃなかったので……時効?

[ETilog9][drink] 生茶にさんさの絵

盛岡さんさ踊りは、今年は4日間もある。梅雨明けもまだなので、今年も雨を呼ぶさんさが見られるか*1

f:id:ettie:20060730212351j:image

で、キリンの生茶にさんさの絵柄が入っていた。他の祭り(東北5大祭り)のものはなかったので、完全に岩手限定なのかな?

*1 結局、1回見ただけで、1回も参加するってことのないまま岩手を離れることになりそうだ


2006/07/31(Mon.) [長年日記] この日を編集

[ETilog9][Train] 新横浜駅からのぞみに乗る

香川へ行くことになった。1日で岩手から行くのは辛いので、神奈川の実家に前泊して行くことに。

だいたい、東海道新幹線に乗るのも久々である。去年、静岡まで乗る機会があったが、その前は高校の時の同好会の合宿で乗ったのが最後である。のぞみは名古屋から1回乗ったことがあるだけだ。今回は岡山までのぞみに乗る。名古屋以西初のぞみである。これは是非東京から乗りたい*1

……だが、久々の暑苦しい夜、なかなか寝つくことが出来ずに出発はだいぶ遅れてしまった。新横浜から乗らざるを得ない。だいたい、私は新横浜から乗ることが少ない。…合宿なり修学旅行なりの集合場所が東京駅になりがちってのが大きな理由だが、1回横浜駅に出なければならない状況で、横浜からなら駅に東京駅でも着くまでは2倍程度かかるだけのこと。もちろん、新幹線が動いているぶんの時間ロスもあるが、やはり始発駅から乗るほうが好ましいことも多く、新横浜駅はあまり使うことがなかった。だいたい、品川駅も出来たせいで、乗り換え時間まで含めれば、横浜駅から新幹線ホームまでの到達時間は新横浜と品川と大差ないのではなかろうか。

しかし、仕方がない。横浜市営地下鉄で新横浜駅へ。今回は荷物が重い。一人旅なら徹底して衣服を省略するのが私の流儀だが、今回はプレゼンテーションをしなければならないこと、人とあって交流せねばならないこと、季節が夏であることから衣服が増えたのであった。そう言うときに限って、横浜駅はエスカレーターが整備されていなかったりする。

新横浜駅に到着。新横浜……なんとなく、小学6年生の時に塾の卒業式で横浜アリーナに集まって以来という印象だ。日産スタジアムもラーメン博物館も私には疎遠であった。なんでも改修中だとかで、新幹線ホームに着くまでやったらと時間がかかる。品川駅や東京駅のフラットな乗り換えを味わってしまうとやってられない感満点である。

新横浜駅で、横浜アリーナとかがないほうは、横浜?!と言いたくなるようなローカルな風景である

f:id:ettie:20060731003217j:image:w320

…ここらにご住居がある方にはまったく罪はないのだが。新横浜を飛ばして新大阪まで速くイケるんであれば飛ばしてくれても構わない気がしてきたが、横浜市民はそれを許さないだろう。

新横浜駅も白色LEDの案内機が取りつけられ、ずいぶん次の列車が分かりやすくなった。シウマイ弁当ではないシュウマイ弁当を買って、のぞみに乗り込むと、人が座っている……はて、列車号数を間違えたか車両を間違えたかと思ってデッキに引き返すが、あっている。「すみません…」と確認すると、その中年男性は席をどいて前の空いている席に移った。どうやら、自由席特急券を買って、車内で差額を支払って…ということをする心積もりだったようである(きちんと車掌氏は容認していたから、東海道新幹線ではよくある風景なのだろうか。全席指定のはやてばっか使ってたのでよく分からないが)。こういうことがあるから新幹線は始発駅から乗ったほうがいいのである。二度と新横浜から乗るまいと心に誓う。

しかし、東海道新幹線は果てしなく市街が続く路線である。田んぼが広がるってことがあまりない気がする。ましてや、東北新幹線のように「山の中を走る」ってシーンがないようだ。これが太平洋ベルトなのだ。工業を興し、田畑を潰し、住宅が拡がり、駅にはネオン輝くビルが立ち並ぶ。そういう繁栄を謳歌してきた地域を走る新幹線なわけである。見渡せば車内はほぼ満席だ。3列シートのB席(合間の席)にちらほら飽きがある程度。さすがドル箱路線である。頑張って莫大な国鉄債務を冷やしてもらいたいものである。

名古屋で結構降りる。大阪以西へ行く人と名古屋までの人では半々くらいのようだった。意外。

岐阜羽島を通過する。昔は通るたびに「田舎の岐阜羽島だ!」と騒いでいた気がするが、岐阜羽島は十分市街である。滋賀県内ではようやく田園風景も垣間見ることができ、安らいだ。京都駅ビルがそびえる京都へ。今回も素通りしてしまうのが残念である。

そして、新大阪……しかし、遠い。盛岡までたどり着くのと同じ位の時間がここまででかかってるのだ。旅好きの私がすこしげんなりしてきていた。すごい。新神戸からトンネルをいくつか越え、ようやく岡山である。長かった。

正直、3時間を越える新幹線旅はよくないのかもしれない。だったら、下道で途中下車しながらのんびり行くほうが楽しい。この私が鉄道旅に疲れることがあるんだと、驚いた。

*1 このあたり、一般人理解不可能な思考回路かもしれない

[ETilog9][Train] 特急南風・阿波池田行き

今年の集中豪雨はすごかった。すごかったといっても、実体験ではなく、あくまで報道で知りえた限りですごかったと思うだけのことである。

そんなんで、岡山駅で降り立ち、特急南風号に乗ろうとしたら…高知行きのはずが阿波池田どまりになっている!

f:id:ettie:20060731003214j:image:w320

集中豪雨で線路が浸水したようで、運転は阿波池田どまり。そこからは高知までノンストップの代行バスが出されるとのことであった。編成もいつもより短いらしく3両編成。指定席のある号車が自由席になっている。車掌氏に「きょうはしょうがないので指定席の開いているところに座ってください」と言われた。…本来の指定券をもっている人が来られても困るだけなので、自由席にすわっていいかと聞くと、「お客さんが構わないなら」と言う。指定料金が無駄になるわけだが、座れれば構わないと思って自由席に乗車した。

四国はすでに高速バスが特急とだいぶ競合していると言うが、非電化区間を走る特急が、鉄道の魅力である定時制をクリアできない状況があり、JR四国もなんぎやなぁ、である。

思えば、今回は鉄道運がつくづくない旅になったわけだが、あくまでこれがその予兆に過ぎないと言うことは、そのときの私は思うべくもなかった。

[ETilog9][Place] 金比羅さん@琴平

琴平といえば、琴電である。私にはその程度の認識しかない。金刀比羅宮があるのは分かるのだが、そういう寺社仏閣めぐりは私の趣味の外に長らくあった、いや今もそのままであることが大きい。

それでも、今回金刀比羅宮にお参りする機会に恵まれたので、行ってきた。機会が出来れば進んで行くようになったのは、私のここ数年の変化である。

f:id:ettie:20060731003211j:image:w320

御本宮までは785段も階段が続くわけだが、辛くなかったと言えば嘘になりそうだ。運動不足(しょぼん)。一緒に昇った中では若手だったのに、疲労度はあまり変わっていない事実を知り、驚いてしまうのである。

本殿だけでなく、階段の最後にある奥殿まで行ってきた。

f:id:ettie:20060731003209j:image:w320

これだけの景色に対する対価としては、1368段くらいは安いものである……ビデオカメラや無線機材を持って登るわけではないのだったら。

参拝もきちんとした。私は、とくに願掛けをすることはよしている。ただ、神さんのまえでは頭をからっぽにしてみるようにしている。その通貫が気持ちよいので、「お参り」というものを好んでするようになった。……だが、今回はどうしても頭を空にすることが出来ず、俗世のことを断つことが出来なかったことは私に大きなショックを与えた。それはそれは大きなショックだった。そこまでに、それまでにそのことに対する執心が私にあったのかと自分で愕然とする思いであった。幸せは不幸せである。


琴平市街は、少し寂しいようだった。

f:id:ettie:20060731003543j:image:w320

アーケードのある商店街も夜7時には完全クローズドである。また、遠野と同じく街中にコンビニはない。おもいっきし観光の街だが、かといって人出も多くない。だが、ひとはだいぶ親切であった。宿の方も車で送って頂いたり、大門までにある土産物屋の人たちは皆、話が巧みだ。

もっとも、駅の裏のほうを国道まで出れば、そこそこの書店もあるし、コンビニもあればショッピングセンターもある。きちんとマクドナルドまで入っているのである。岩手なんかだと「町」レベルの市町村ではなかなかにマクーはない。このあたりが裕福な西日本を想起させ、私を少し感傷的にするのである。

[ETilog9][Web] Yahoo! Days

ヤフーが運営するSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)が7月31日、「Yahoo!360°」から「Yahoo!Days」と名称を変えた。新たにYahoo!BB会員(508万人)とYahoo!プレミアム会員(635万人)が自由に登録できるようになり、既存ユーザーからの招待が必要だった従来よりもユーザーのすそ野が広がった。

[ITmedia News:「mixiを追いかけても意味がない」――ヤフーSNS、会員向けに開放より引用]

SNSはいくつも登録してもなあとかって思っているんだが、せっかくわずか2回のヤフオクのために入ったYahoo!プレミアムの月会費を有効に活用すべく「Yahoo! Days」に登録してみた

お使いの環境では正しくご利用になれません。

Yahoo! Daysをご利用になるには下記の環境が必要です。

・Microsoft Internet Explorer 5.5 以上 または Firefox 1.0 以上のブラウザ

却下。Safari舐め過ぎ。

[ETilog9][Train] 琴電でも自動改札機があっ!

琴平電鉄というと、どうも京王なんかの古い車両が行く典型的地方交通って感じがする(香川の皆さんごめんなさい)。事実、京王の新しい車両が来たときに橋が重みに耐えられるのかなって心配されたって話を宿の人に聞いた。

ですけど、高松築港駅はこんな感じになっていた。

f:id:ettie:20060731003540j:image:w320

琴電に自動改札機が! ど、ど~するもんがいさん!

って、琴電はIruCaというICカードをすでに導入していて、首都圏大手私鉄より先進的なのであった。琴平駅のような末端部でも簡易改札機があるのでICカードが使えてしまうわけですな。

とかなんとかいって、琴電もまた「山の中」はあまり走らないようだった。田んぼがひろがっていることはあったが、半分近くは住宅地の中を走っていた。琴電は市民の足になり得る鉄道なのだとか考えた。

[ETilog9][Place] 高松市(高松駅前)

高松は、高1のとき(10年近く前)に行ったとき、意外と何もなかった印象がある。…いや、ちょうど琴電瓦町駅と高松駅に挟まれたあたりではなく、その外側と高松駅前しか見なかったせいだろうが。コトデンそごう以外にも、三越があったり、宮脇書店の本店があったり、中心部はそこそこ「使える」街なのだろうかと想像してみた。

久々のJR高松駅。前回訪れたときは工事中だったのが、見事に改装されている。

f:id:ettie:20060707144118j:image:h320

駅の中には商業施設が入り、大分便利になった。でも、駅の中のプラットフォームはあまり変わっておらず、少しほっとした。帰ってきた感じが滲み出ていて、ね。

何よりも一番の大きな変貌振りは、サンポート高松だろう。高松シンボルタワーは、目立つ。

f:id:ettie:20060731003536j:image:h320

だが、店が閉まるのが比較的早いのが残念。市街が駅前にもやってきたって印象を受けた。

[ETilog9][Train] 坂出駅駅標識

f:id:ettie:20060731003805j:image

これなんて有楽町線?

[ETilog9][drink] 四国限定品を飲む

去年、北海道へ行ったときはやったらあったのでたくさん試したが、今回は1品だけ

f:id:ettie:20060731004133j:image

四国キオスク「八十八茶」

とりあえず、キオスクはどこもかしこも独自ブランドのお茶を出すのがすきなのだろうが。北海道キオスクの「うらら」は「水みたいにごくごく飲める」と、ナショナルブランドに勝ち得ないチープなのをウリにして大成功していたけども、これは……茶葉の質を落とした伊右衛門ってところでした。


最新

何かあればwebmaster@etilog.netまで