編集

ETilog.net

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|

«前の日記(2006/05/13(Sat.)) 最新 次の日記(2006/05/15(Mon.))»


2006/05/14(Sun.) 最近、縁結びの神社にお参りしに行こうかと真剣に検討中 [長年日記]

[Diary] 開運橋前交差点

なんか、3月28日からだったっけかな、盛南大橋方面へ向かう場合の右折レーンがなくなったんですね。前に出版買出しの帰りに、おもいっきり対抗斜線である右折レーンに侵入した(突っ込んだ;対抗車はいてなかったけど)ことがあったけど、たしかに分かりにくかったもんなあ……でも、渋滞しそうだなあ。 まあ、入る機会なんてそうそうないだろうけど。直進の時は左車線のほうがこれからはいいかもしれないね。

[結局][研究] モチベーション

最近、研究に微妙にやる気が出ないのは、就活でボケてきたってのもあるけど、モチベーションが出てこないから。やる気がないって前段階の問題。 なぜモチベーションが出ないのかって考えると、すでにひとつの答えは出ているが、恥ずかしいので書かない。

[Diary] 母の日なんだってね

まあ、とくになにもしていないのですが。 母の日にプレゼントすると、父の日にもプレゼントしないといろいろあれなんだそうです。たしかに、母の日「だけ」プレゼントする息子ってのも気持ち悪いよな。 でも、父の日にプレゼントしたところで、ハンカチは無くす、手帳は使わない(これはそういったものをプレゼントした方が悪いというのもあるが、小学生にそんなん求めるのは酷)。それだったら、CD1枚で涙流して喜ぶ人にだけ送ったほうがいいと思うが情ってもんです。 でも、奨学金借金生活の身なので、働いてからだなってエスケープ。

[ETilog] ふと

なんか、外部に向こう見ずに書くよりも、ETilog1くらいの公開範囲でしょぼしょぼ書いているほうがやっぱ楽かもとか。

[ETilog9][時事ネタ] お疲れ様です

「早朝発生した事件の処理と訓練が重なり、大変だった」という声も聞かれたが、旅行先から2時間かけて駆け付けた署員もいた。

[Yahoo!ニュース - 河北新報 - 初の抜き打ち訓練 岩手県警、全職員を非常招集より引用]

旅行って、有給だったのかどうなのか。それでも駆けつけるってやはり大変な仕事なんだと改めて思い知らしめてくれる。

訓練での召集と事件処理ではどっちが優先されるのかな…? だいたい、実際に起こったとしても、それが事件処理中だったら…いろいろ優先順位を考えるのも大変そうだ。

[ETilog9][野球ネタ] 最近のイーグルス。

  • 延長戦11回裏、2死満塁。バッターボックスには2000本安打に王手の石井琢朗。劇的な2000本安打ではなく、そこで押し出しフォアボールで負けるのが楽天クオリティ。巨人戦が雨天中止だったこともあって、そのシーンがニュースでは報道される
  • 初回最初の打席で簡単に石井琢朗が2000本安打達成。10勝到達&愛敬不敗神話継続も2000本安打達成のニュースに完全にかき消され、横浜-楽天戦の試合結果も満足に表示させてもらえない。それもまた楽天クオリティ。
  • 1点差になるまで追いつかれてもいちお押さえる福盛。まさに劇場系…
  • いつまでも続くと思うなナゴヤドームの連勝記録

[ETilog9][地域ネタ][歴史ネタ] それでは問う、「岩手公園」の価値とは?

http://news.ibc.co.jp/item_2726.html

盛岡市が岩手公園を「盛岡」「城跡」が入った名前に変えたいのだそうだ。

私は高校時代、「日本之城研究会」なる同好会に所属していたんだけども、引退した翌年に、後輩たちが合宿で盛岡城跡を訪れている。だが、彼らの評判はいまいち芳しくない。何もなくてしょぼい城だというのである。

私も、最初訪れた時は「こんなもんか」と思ったものだったが、私も甘かった。後輩諸君が盛岡城の価値を見出せなかったのも、一発で盛岡城の価値を見出せなかった私なんぞが先輩だったせいに相違あるまい。

関東に住んでいて、西日本の城を多く見ていると、その有り難さが分からないのだが、東北で盛岡城ほど石垣が素晴らしい城ってのは、ない。そりゃ、近畿に行けば盛岡城ほどの石垣を持つ城はそれこそ掃いて捨てるくらいあるだろが、これほどまでに石垣をきちんと織り込んだ城ってのは、東北にはないのである。石の算出の問題もあれば、保有技術の問題もあっただろう。盛岡城は、全体的な縄張りは、河川を上手く使った壮大な設計だが、本丸や二の丸まわりは正直せせこまった感がある。本丸に収まりきらない本丸御殿なんかは、この城特有の魅力である。


実は、盛岡城の魅力ってのは、そういった軍事要塞である「城」としての魅力だけではない。このことが皆頭では分かっているくせに、明確に提示されてきていないことが問題なのである。そして、誰もツッコミを盛岡市に入れていないようなので、このTOKYO REVIEW SHOWで一声上げる次第である。

盛岡城の魅力、正確には、「岩手公園の魅力」である。そう、盛岡城が岩手公園になってから、宮沢賢治や石川啄木がこの「岩手公園」に遊んだ事跡こそが、この盛岡城の魅力なのである。

今の岩手公園は、特に建造物も残っていないのだが、それでも観光名所としての魅力を挙げるならば、賢治や啄木の歌碑(しかも、岩手公園となった不来方の城を詠ってる!)こそが、名所としてのトピックである。

賢治や啄木が、遊び詠ったのは、ただの盛岡城址ではなく、「岩手公園」である。この視点が、盛岡市その他、改名派の視点からすっぽり欠落している。全くいただけない。今の「岩手公園」は、城跡として社会科的に訪れるべき名所ではなく、国語科的に、近現代の文学の史跡として学ぶべきスポットなのである。


もっとも、必ずしも「盛岡城」を押し出す改名をすることに反対と言うわけでもない。岩手を代表する詩人の足跡以上に、南部藩としての歴史の重みすべてを城跡に結集することが出来るのであれば、そちらの方が重いのは自明の理だからだ。とは言え、そんな努力を盛岡市が現・岩手公園にしてきたかといえば、まだ疑問が残る。そういった、南部藩としての歴史をこの城跡に体現するんだってのであれば、私は改名に賛成するのもやぶさかではない。……コンクリートの5階建て模擬天守を本丸跡につくるんじゃーとかいう1990年代の流れを無視した暴挙をやるってのであれば、体を張って反対運動を起こすけども(笑)。

櫓や門の復元だとか、そういったレベルであれば問題はないが、別にそういったものが失われたのも歴史なので、これまでも行ってきた適度な修復工事を行っていけば問題はない。おそらくは市教育委員会の仕事だろうが、城内において歴史を感じることが出来る仕組みづくりを必死に考えていかなければなるまい。城跡としての価値を歴史と結び付けて行く方策を考え出すことは、改名問題よりも優先されるべき事項である。そんな方策が思い浮かばないのであれば……素直に、観光パンフレットに「岩手公園(盛岡城跡)」ってカッコ書きをつけるだけにした方が、引き続き文学的価値に頼って行けて事前学習がない観光客対応もできるので最善だと思うが。

(追記:2006.5.16)一部加筆し、タイトルも変更しました。内容に変化はありません。


«前の日記(2006/05/13(Sat.)) 最新 次の日記(2006/05/15(Mon.))»

何かあればwebmaster@etilog.netまで