«前の日記(2004/08/24(Tue.)) 最新 次の日記(2004/08/26(Thu.))» 編集

ETilog.net

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2004/08/25(Wed.) 幸せの鐘は夜響く [長年日記]

[研究] 研究計画書

完成しそうですよ。目処が立ってきましたよ。

…なぜ、今研究計画書を作っているか疑問に思っていらっしゃる方がいることが判明したが。ふふふっ、いずれ分かりますわ。

[最近] まずっ!

8月25日といえば、私にとっては「宿題そろそろやり始めないとまずいんちゃう」というデッドラインで、ようやく宿題を始める日とも言う。まさに、今年もそんな感じの8月25日になってしまったな。で、9月1日に提出は無理なので、2日提出を狙うわけだ。…〆切:仕事をやり始める頃とは、よくいったものだ。

[大学] 岩手山登山

始まった。4年生全員を乗せて馬返しへ。山の上のほうは曇っているけど、大丈夫かなあ。今年もバッテリ2個持つ人など、普通デハナイ登山が繰り広げられるので、心配でたまらない。が、山に登らない私が心配したところで、その思いは真の当事者に伝わることはあるのだろうか…なんか、オリンピックに似ていて似ていないな。

とりあえず、下で(って大学でだけど)待ってます。

[Diary] なぁんて言いながら

明後日には自分も登山なわけで。まあ、【普通の登山】だよね。これで、研究室でもピグミー扱い程度はしてもらえるかなと意欲に燃えております。…ひとりだけ、4日間連続で岩手山に登る普通ではない人がいますけども

[大学] ETY登山組情報

きょうの登山のまとめ。重い機材を持って岩手山に登られる方は参考にしてください。

本日8月25日13時36分に馬返し登山口を出発した本研究室登山隊は、14時36分に1合目に到着、10分程度の休憩後、15時13分に2合目に到着したとのことです。天候の方は晴れており、その暑さにバテているところもあるようですが、2合目になり元気を取り戻しているとのことです。
15時35分に3合目到着、15時50分に出発。そして、16時10分に4合目到着、少しの休憩の後出発し、16時48分に5合目に到着したとのことです。 疲労の色がやや濃いようなので、5合目で大規模な休憩を取るとのことです。軽い食事もとるとのことです。ここまで強い日差しが体力を奪ってきたようですが、ここに来てある程度はしのぎやすくなった模様です。
先ほど連絡があり、全員八合目に到着したとのことです。 18時36分着で、5時間かかったことになります。 17時50分には6合目に着き、少し霧がかってはいたようですが、雲を越えて晴れてはいたようです。

明日は、頑張って実験したいと思います。

[雑感] 年々

年々、同年代の間での順位が落ちてきている気がしてならない。順位って何だよ、と激しいツッコミを受けそうだが、そう聞かれても答えられない。これぞ正しく受験戦争の弊害の最たるものだろうが。

要するに、1番でいたい、序列の前の方にいたいという漠然とした願望が植えつけられているわけだ。オンリーワンって1人中1番目ってことじゃーん、と発想経路になる私は、常にそうやってニッチな分野に重きを置いてきた面もあり、それはそれでよかったのだろうけども。

大学受験が終わってしまうと、なかなか全体で何人中何番かという試験がなくなってしまい、不安に陥ることがしばしばある。いつもというほどでもないが。思えば、昔は1番を取ること、上位を取ることのために勉強していた時期もあったような記憶がある。それはそれで一定の効果はあっただろうし、試験がないよりは効果があっただろうが、そうやって身についた内容はすっぽり抜けおちるから困ったものである。

人は漠然と雑感を抱きながらも苛烈に生きる。他人事のように突き放すと楽しくて楽しくて仕方ないんだけどなあ。


«前の日記(2004/08/24(Tue.)) 最新 次の日記(2004/08/26(Thu.))»

何かあればwebmaster@etilog.netまで