«前の日記(2008/07/07(Mon.)) 最新 次の日記(2008/07/21(Mon.))» 編集

ETilog.net

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|

2008/07/13(Sun.) だんだん [長年日記]

[Diary] 初★タクシー帰り

金曜日は、たまたまN○○かさんとTTL氏と同道になったため、そのまま有楽町へ。有楽町ドトールで二次会後、飲み足りないid:kawsikaとK姐ことK○っぴとでビール飲みに3次会へ、次いでベルギービールの4次会へw しかし、ベルギービールの生ってレアな機会なのですな。

有楽町からタクシーで帰ってみたら4210円。こ、これは盛岡-滝沢間と同じ以下ではないか。これが東京生活ってことか!

[trip] 富山逃避行・企画意図

北陸と言えば、昔中学生の時合宿で横断して回ったきり、春日山城と金沢はまわったものの、途中の富山はすっぽり欠落していた。

折りしてもゴールデンウィークと海の日休みの5連勤が続く10週の合間、途中でなにか潤いを自分に与えたい……そんなこと考えていると、寝台特急北陸で現地入りして、日曜日に帰るというルートが「北陸フリーきっぷ」で実現できそうなことが時刻表を繰って分かってきた。

そこで、歩いたことのない県庁所在地である富山市街見学と、富山近辺の城見学、富山付近のローカル線を乗りつぶすという旅程を組んで、とりあえず旅に出てしまうことにしたのであった。

[trip][Train] 寝台特急北陸、氷見線、城端線

上野駅、である。

f:id:ettie:20080712192454j:image:w320:w320

寝台特急北陸はこの日満席。B寝台ソロが初体験出来るかと思ったが、上段で我慢せざるを得なかった。

f:id:ettie:20080712192455j:image:w320:w320

ブルートレインにここまでみんなカメラを向けるようになったのはいつからだろうか。デジタル一眼レフ、コンパクトデジカメ、カメラ付きケータイと皆多種多様である。趣味としての鉄道の認知度が上がってきたこともさることながら、カメラの大衆化という観点も見逃せないと思う。この寝台特急北陸に関して言えば、鉄ヲタな人よりもカップル・夫婦が記念写真を収めてるってケースが多かったと思う。

f:id:ettie:20080712192456j:image:w320:w320

やはり上野駅には寝台特急が映える。

寝台上段へ。すでに他の3つの席は埋まっていた。車内検札があるのかと思って眠いのをこらえて起きていたが、そのうちに車内減灯してしまった。気づかなかったが、喫煙車である。帰りの新幹線が禁煙席なのに行きの寝台特急は喫煙車という選択をしてくれた大井町の窓口嬢のセンスに感動した!*1

高岡着。

f:id:ettie:20080712192457j:image:w320

10人を超える人が降りた。

f:id:ettie:20080712192458j:image:w320

一回改札の外へ出て、フリーきっぷの利用開始である。缶コーヒーを買いながら、氷見線ホームへ。

f:id:ettie:20080712192459j:image:w320

ホームには忍者ハットリくん列車が留置されていた。

f:id:ettie:20080712192500j:image:w320

2両編成の列車、前の列車には2人乗っていたが、後ろの車両は私一人の貸し切り状態である。

発車。

しかし、富山というのはよほど豊かなのか、なかなかに住宅地が途絶えることがない。工場と宅地がずっと続く。そのうちに越中国分を出て雨晴海岸へ出てしまった。

f:id:ettie:20080712192501j:image:w320

潮の香りが私を溶かす。

氷見駅到着。

f:id:ettie:20080712192502j:image:w320

終着駅の行き止まり感をしばし味わう。

氷見駅の、バスはこなさそうなバスプールには、高校生送迎の車が頻繁に来ていた。盛岡来ずっと見てきた、地方の微笑ましい風物詩の光景である。暑い日も雪の日も、この生徒たちに家庭があるのだと想起させてくれる1シーンなのだ。

時間が経ってきたせいか、帰りの富山行きは高校生で埋まっていた。

高岡駅に帰着。

f:id:ettie:20080712192504j:image:w320

駅前をしばし散策する。高岡駅は、県庁がない地方都市としては風格のある民衆駅だ。

f:id:ettie:20080712192505j:image:w320

駅ナカのマクドナルドで朝マック。…富山まで来て朝マックとはとも思われるだろうが、列車を見ながら食べるマックグリドルも悪くない。

次は、城端線完乗である。

f:id:ettie:20080712192506j:image:w320

と、こちらは既に高校生でいっぱいだ。嗚呼、青春列車*2

城端線では、富山を過ぎて田園風景が広がった。工場に農業に、富山は産業豊かな土地である。

高校生たちは戸出駅で降りていった。今日が試験なのか、試験勉強に励んでいる子が多かった。数学の参考書を見ながらも、途中で寝てしまうのも、また可愛げなるかな。

城端駅到着。

f:id:ettie:20080712192508j:image:w320

f:id:ettie:20080712192507j:image:w320

城端駅からは気持ちよさそうな道路が一本延びていた。城端市街も歩いたら風情ありそうな土地のようだ。

f:id:ettie:20080712192509j:image:w320

終着駅の線路の先に住居がある。もう伸び得ない鉄路。行き着くところまで来てしまったのだという軽い切迫感が、私にはたまらないのである。これが終着駅の危ない魅力だ。

*1 JRのCyberStationを見ていた限りは、喫煙車のほうが予約が入っていたので、禁煙車が埋まっていたとは考えられにくい

*2 青春列車だなんて死語だろうか。矢野直美氏が使ってるくらいだけど…ここで使っている以上は死語ではないとしよう

[trip] 高岡散策

高岡へ戻る。

高岡へ来た目的としては、氷見線・城端線の完乗というのもあるが、本来の目的としては高岡城見学である。

そんなわけで高岡城へ。途中、かの藤子不二雄先生ゆかりの文苑堂書店を通る。

高岡大仏へ寄る。

f:id:ettie:20080712192510j:image:h320

実は、この高岡大仏については事前知識なく、鎌倉、奈良とここにきて日本の3大大仏を制覇してしまうとは思いも寄らないことであった。高岡の職人たちによって、二度と消失しないように造られた、北国の大仏である。

高岡城到着。

f:id:ettie:20080712192512j:image:w320

城の規模は素晴らしいものがあるのだが、残念ながら城としての遺構が少ない。ここは、縄張りを愉しむ城である。日本百名城に富山県として唯一選出されたようだが、歴史としては富山城の方がメジャーなのである。高山右近縄張りという点が、この城のメジャーなトピックである。場内は彫刻のある公園として、動物園や図書館(かのドラえもんが全巻揃っている図書館として著名だとか)など公共施設が揃っている公園として、有効な活用と言えなくもない。しかし、元和の一国一城令で廃城されたこともあって、城として見るべき点が少ないことが何よりも惜しまれる。廃城令にめげず街として存続したこと、公園として市民が整備してきたこと、その点において高岡城には見るべきものがある。

高岡市立博物館。

f:id:ettie:20080712192511j:image:w320

ここはタダ! タダなら見なきゃソン!! 展示はと言えば、しばし加賀藩や富山藩に埋もれがちな、前田利長以来の高岡の歴史を指摘できるコンパクトな説明が心地よい。

城からは少し歩いて万葉線で戻る。

f:id:ettie:20080712192513j:image:w320

低床車両アイトラムで高岡駅へ戻る。

……としたら、なんでもきょうは線路の補修工事で途中からはバス代替輸送であった。珍しすぎる。

f:id:ettie:20080712192514j:image:w320

単線の路面電車とは珍しい。しかし、1時間4本では気軽な利用はしづらいと感じた。バスも頻度よく出ているのである。ただ、バスが先着していたにもかかわらず、多くの人が万葉線を選んでいたことを考えると、高岡市民の支持は万葉線にあるようである。

高岡市街を少しばかり歩きがてら帰る。北陸地方の地場百貨店・大和に人が多い。イオンの洗礼を受けている街だというのにこの人出は何よりである。だが、残念ながら商店に閉まるシャッターは多い。百貨店が元気で商店街が元気ないというところは、実は珍しい。両方元気か、両方死んでるか、あるいは商店街は元気でも百貨店は閑古鳥というところは多いのだ。このあたり、富山の県民性であろうか、そんなことを考えた。

[trip] 七尾へ<バス移動>

「北陸フリーきっぷ」の有効区間には、七尾線の和倉温泉~津幡も含まれる。やはり、これを機会に七尾線にも乗っておきたい。…ホントは七尾城見学とも絡めたかったのだが、これは時間が相当かかるのと、この山城は一人で行くのが多少気が引けたので、泣く泣くパス。

となると、金沢周りで行くのが妥当なのだが、氷見駅からバスで七尾へ抜けられることが判明した。要乗り継ぎなのだが。いい機会なのでこのルートをチョイスした。……鹿児島のときバスでさんざん懲りていたのに、これである。

氷見駅から乗っても良かったが、氷見駅滞在時間確保と、氷見駅クラスの場所で氷見駅口のバス停に乗り継ぐのが不安だったため、バスの始発駅から乗ることとした。氷見線とは違うルートを通るため、市街を多く見て回るという観点でも良い選択であろう。

高岡駅を出た。高齢の方が4,5名乗ってらした。大きな道路もあるが、バスは路地を進む。

氷見市街を途中通る。商店街が長く続くのだが、高岡よりも寂れている感じがしないのである。やはり、当初規模、キャパシティの問題があるように感じられた。寂れる傾向にあったとしても、もともとの規模が大きくなければ、シャッターが閉まっていても寂しさを感じない商店街にすることは可能なのである。

脇停留所に到着。

f:id:ettie:20080712192515j:image:w320

しかし、ここで乗り継ぎが出来るとはとても思えない場所である。こういうところへふらっと来てしまうのも悪くない。

f:id:ettie:20080712192516j:image:w320

25分強の滞在時間であるが、これは乗り継ぎ時間としてはいい方で、1時間待ちがデフォルトのようだ。乗り継ぎは考慮されていない。

AQUOSケータイのワンセグ(富山県内局)が入った。

バスはきちんと来た。4名程度降りてきた。このマダムの方たちは乗り継ぎのようだった。

f:id:ettie:20080712192517j:image:w320

冷房が壊れているようで、運転手氏が窓を開けていっていた。潮の香りに包まれる。次第に冷房も効き始めた。

七尾駅に到着。

f:id:ettie:20080712192519j:image:w320

駅前に回転寿司屋がある。ふらりと吸い込まれるように入って昼食とする。

f:id:ettie:20080712192518j:image:w320

回転寿司は、海沿いの街に来たときの一人食事ポイントとして悪くない。いつも当たるとは言えない。事実、鹿児島駅前の回転寿司は良くなかった。地場産のにぎりをおいしく食べてしまった。通常の寿司屋と比べると乾いたネタがある分、完全なる堪能は出来ないが、これは仕方ないところだろう。ここは満足できた。

[trip][Train] のと鉄道

七尾駅からのと鉄道に。

f:id:ettie:20080712192520j:image:w320

座れないほどの乗車率である。和倉温泉、田鶴浜で相当数降りていった。

七尾線の非電化区間は、まさに木の茂みの中を突っ込んでいく痛快な走行が楽しめる。

f:id:ettie:20080712192521j:image:w320

それでいて隣は港である。すこぶる絶景で気に入ってしまった。

穴水駅到着。

f:id:ettie:20080712192522j:image:w320

古くは七尾線輪島方面と、能登線の分岐駅だったところである。

f:id:ettie:20080712192524j:image:w320

構内には立派だった頃のなごりが見て取れる。

f:id:ettie:20080712192523j:image:w320

廃線になった今でも、車止めまでには多少距離があるようだった。

路線の一部をもがれて、造られた終着駅に悲哀を感じた。終着駅めぐりにもいろいろな気分がある。

[trip] 和倉温泉

和倉温泉で下車。和倉温泉総湯にでも日帰り入湯しようかと思ったが、1時間しか滞在時間がない。歩いていくと間に合わない。かといってタクシーは癪である。バスがあれば良かったのだが、逆方向からの列車に接続しようだなんて考えはあるわけもないようだった。

そんなわけで、足湯!

f:id:ettie:20080712192525j:image:w320

湯っ足りパークでは海を眺めながら足湯につかることが出来る。

実は屋外での足湯初体験なのであった。温泉もきちんと熱く、だいぶ気持ち良かった。

とはいえ、30度を超えたこの日、ここまでの徒歩往復30分はけっこう辛かった。途中のファミマでスポーツドリンクを買ってしまった。

[trip] 金沢1時間ステイ

和倉温泉駅からは、特急サンダーバードで一度金沢へ出る。

f:id:ettie:20080712192526j:image:w320

金沢駅到着。新幹線スタンバイ!の気合いみなぎる様子だった。

f:id:ettie:20080712192527j:image:w320

金沢にはコアがない。いや、香林坊や武蔵ヶ辻はそうかもしれないが、金沢クラスの規模にしては小降りではないか。しかし、金沢の魅力は延々と広がる古い町並みだったりする。

今回は、武蔵ヶ辻まで街歩きをするにとどめた。街中にあるリブロが、悪くない。一度住んでみたい街だ。駅前もフォーラスも出来て、だいぶ華やかになった。

盛岡駅にないのは、風格だ。いや、東北新幹線の終着駅だったころには、きちんとあったのだ。それが改修でずいぶんと縮こまった狭苦しい駅になってしまった。駅は、街の顔である。…

しかし、金沢駅には風格がある。

f:id:ettie:20080712192530j:image:w320

f:id:ettie:20080712192529j:image:w320

金をだいぶかけただろうし、一部にはデザインにも疑問ももたれているようだが、派手な造りは都市に重厚さを与えている。あの盛岡駅2階の安っぽい造りはあまりに耐えられない。恥を覚えた方がよい。とりあえず、盛岡駅の看板、夜にはライトを当てるようにしたらどうか。あれを放置してよしとするのは、盛岡市、岩手県、および盛岡市民の怠慢である*1

f:id:ettie:20080712192528j:image:h320

*1 去年3月以降から変化があって、今は変わってるいるようなら、私の調査不足の怠慢です。

[trip] 富山へ

名古屋からきた特急しらさぎで一路富山へ。

富山湾と田園風景が美しい。

富山着。

f:id:ettie:20080712192453j:image:w320

富山の駅ビルで白えび天丼を食す。

富山と言えばますのすしくらいしか思いつかなかったが、白えびそのものは古くから富山で取られていたようだ。保存技術の発達も、白えびのメジャー化に寄与しているらしい。ぷりっとした感触ではない白えびの天ぷらは、しかしかき揚げのようなもろさを持たない。天丼のタレもまた違うように感じられた。

ステーションビルにこの手の店があるのは助かる。民衆駅もまた、駅ビルなのだ。

新幹線の開業で、富山駅駅ビルはなくなるらしい。「新幹線の開業でどうなるの?」と絡む男性客がいて、店の人が「富山市が決めることになる。出来ればここでやっていきたいのですが」と答えていたのが印象的であった。

富山は幾分かガラが悪い。若者が地べたに座り込んでいる。ただ、言い換えればまだ若者がいて、集まる場所として選ばれていると言うことで、微笑ましいこととも言える。ホントに寂れた街なら誰も集まらない。

[trip] 富山城、富山市街。

富山城見学。

f:id:ettie:20080706095448j:image:w320

3階とないのにエレベーターがある。このエレベータは、あくまで2階の郷土資料館へのバリアフリー配慮のようで、展望台は長く天井の低い階段で行かなければならなかった。

なんでも、富山城はコンクリート復元天守の先駆けのようだ。もともと天守がなかったのに、犬山城などの他の城をまねて造られた天守のようだ。この手の天守閣には、多くの場合「市民のシンボルとして親しまれている」と書いてある。とりあえず、分かっている人には「所詮模擬天守」と心の中で馬鹿にされているのである。この流れの一般化は、本物志向の昨今において止められないだろう。じきに、「あんなの造りやがって」と市民に卑下される時代が来るかもしれない。だが、その流れをつくった歴史的モニュメント、是非遺産として遺していってもらいたいものである。

富山城は改修中。整備が進むようだ。

f:id:ettie:20080706093254j:image:w320

富山市街見学。

f:id:ettie:20080706100504j:image:w320

県庁所在地に来たときは、とりあえず県庁は見て回るようにしている。

f:id:ettie:20080706100051j:image:w320

富山市庁には展望台がある。

f:id:ettie:20080706101148j:image:w320

残念ながら曇っていて、山手線ラッピング広告のような雄大な立山連峰は望めなかったが、しかし市街が広い。

大和方向へ。地方の街を歩くときは、とりあえず百貨店のある方向へ歩くことにしている。

f:id:ettie:20080706102551j:image:h320

近代的な百貨店のビルと古くからの商店が混在する不思議空間。

富山の大和は、レストラン階の上に紀伊國屋書店がある。よくわからん。

この大和は昨年9月に移転してきたようで、移転前はより古くからの繁華街であった場所にあったようだ。年季のある建築物だが、この放置ではただの廃墟である。

f:id:ettie:20080706105645j:image:w320

しかし、商店街を歩いてびっくりした。

f:id:ettie:20080706110540j:image:h320

どう考えても閑古鳥鳴いてます。

県庁所在地で「やばい」と思ったところが3カ所ある。秋田、鳥取、佐賀である。秋田はともかく、鳥取と佐賀は行ったのが昔だし、今どうなってるかはなんとも言えない。だが、日曜日の日中にここまで人のいないアーケードに出くわしたのは初めてである。

一応富山を弁護しておくが、反対側の総曲輪ではイベントもやっていて人出はあるのである。しかし、商店街によってここまで人出に落差があるところも珍しい。

富山地鉄の路面電車で富山駅へ戻る。

f:id:ettie:20080706111606j:image:w320

乗客は多くなく、絶対に座れるようであった。

[trip][Train] 富山ライトレール

駅北口に出て、ライトレールに乗ってみる。

f:id:ettie:20080706114143j:image:w320

しかし、人出が凄い。1時間4本ヘッドだが、ずいぶんな人気である。

f:id:ettie:20080706114219j:image:w320

岩見浜駅着。

f:id:ettie:20080706121054j:image:w320

最後まで乗り通す人は多くなく、競艇場前駅でだいぶ降りていった。

f:id:ettie:20080706124916j:image:w320

奥田中学校前で、旧富山港線の専用軌道を離れ併用軌道区間へ出るところが見られる。

f:id:ettie:20080706125602j:image:w320

ホントに低床車両である。

見たところ、2コインで釣り銭の必要を最小限にしている点、専用ICカードで安くなるためカードを持つ優位性がある点、そして何より専用軌道区間が多く、スピードが比較的速い点がポイントだと感じられた。

[trip] 魚津城に絶望した!

富山から富山地方鉄道で電鉄魚津駅へ。

(以下、2008.8.10記す)

せっかくの北陸フリーきっぷ、当然JR北陸本線を利用する方が安上がりであるが、移動時刻に特急がないこと、出来るだけ多くの路線を乗って沿線を見ておきたいという点から地鉄利用とした。

f:id:ettie:20080706130604j:image:w320

特急「うなづき」に乗車。乗車口で特急券を確認してくれる女性駅員が、そのまま乗務員になって宇奈月温泉まで車内で案内してくれるようだ。

ここで、北日本新聞を電鉄富山駅の売店で買って読む。きのうは、のと鉄道の車内で北國新聞を読んだ。両新聞とも前日に全通した東海北陸道の話題で持ちきりであった。メリットとともに、ストロー効果などの懸念される問題を指摘する一方で、早期の2車線整備を主張していたのが印象的だった。ここには東京では絶対に聞こえてこない地方の声があるのだ。いくら東京の人間が借金してまで無駄な道路を造るなという意見が大勢を占めているところでも、地方では道路を求める声の方が優勢なのだ。この事実は、私も岩手に移り住むようになるまで分かり得なかった問題であった。

他に目を引いたのは、「カターレ富山」の存在だ。北陸電力とYKKがJFLでそれなりのポジションを築いていたのは私も知るところだが、まさか一緒になってJ昇格を目指していたとは…富山もだいぶ盛り上がっているらしい。

その国ににはその国にしかない声があり、実情がある。旅ですべてが分かると思ったら大間違いだが、旅をしなければ少しも分からないのも事実である。とっかかりとしての加速をつけるために、私は旅に出るのだ。

電鉄魚津駅到着。しばらくはJR北陸本線との併走だった。

f:id:ettie:20080706134506j:image:w320

降りてみると年季の入った改札にすこしアテられる。

だが、改札を抜けると暗い切符売り場に駅トイレ。階段を下りると閉まったシャッター。駅を出て振り返るとそこにあったものは!

f:id:ettie:20080706134716j:image:w320

寂れ果てた立派なステーションデパートであった。

このデパートも、往時は栄えて、若夫婦や子ども連れで賑わっていたのかと考えると、心がきゅっとつかまれる。切ない。

f:id:ettie:20080706134729j:image:w320

だが、電鉄魚津駅前の商店街も切ないのであった。陸前高田の比じゃねえぞこれは。この町をこんなにしたのは誰なのか! イ○ンのせいか! 東京のせいか! …犯人捜しはとりあえずやめよう。岩手で言えば釜石がそうなのだが、もともとのキャパシティが大きかった街ほど、抜けたときのインパクトが大きく寂れているように見える効果がどうしても出てしまう。逆に、もともとそこそこの栄え方だった街は、却っていい雰囲気を醸しだせたりするから、なんである。最近私が見てきた限りでは、身延、高遠、延岡のあたりはそうなのだ。

さて、魚津探訪の目的は「魚津城見学」である。

魚津城が今は小学校になっていて、碑があるだけというのは知っていた。それでも魚津城は訪れなければならない。魚津城は本能寺の変に関わる重要なポイントである。天正10(1581)年、本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれた翌日、柴田勝家が攻略中だった上杉方の魚津城が陥落する。柴田勝家ら織田の北陸方面軍が本能寺の変を知ったのは更に翌日の6月4日であった。備中高松城を攻略中だった羽柴秀吉が本能寺の変を知ったのが6月3日、備中高松城が落ちたのが6月4日である。華やかに語られることも多い備中高松城の裏面が、まさに魚津城だったわけだ。これは訪れなければなるまい*1

魚津城は現在、魚津市立大町中学校になっている。駅から小学校へ向かうと、「魚津城址にある大町小学校」なる看板がある。その看板に従い、簡易裁判所を越えると小学校の正門がある。

日曜日だが、学校は開放されている。正門には「通り抜けを禁ずる」と書いてあるだけで、関係者以外立ち入り禁止とはないようだったので、碑だけ見学させて頂くこととした。

f:id:ettie:20080706135440j:image:w320

まさに、「あるだけ」の碑である。遺構がない城というのも悪くはない。

続いて、上杉謙信の歌碑の見学へ。住宅街をぐるりと回る。

f:id:ettie:20080706135829j:image:w320

と、こちらには「関係者以外立入禁止」の看板が、小学校に並んで立つ大新幼稚園の園長名で立っているのである。これはなんということか。「ご用の方は職員室までお越し下さい」ともあるが、敷地立入禁止じゃあ職員室にも行けないじゃないか……それは厳格運用に取りすぎなのでともかく、少なくとも幼稚園が休園している日曜だとか夏休みなどの長期休暇中は見学できないと言うことになる。

f:id:ettie:20080706135843j:image:w320

と、敷地内に立ち入らないとなると、見学もなにもないのであった。

昨今、初等教育機関でその手の事件が発生しているのは承知している。立入を厳しくするのが、手っ取り早いことも理解している。しかし、魚津城址という県外に存在をマニフェストしている観光地において、来てみておいでよと言っておきながら拒絶するとは、何たる仕打ちであろうか。これが富山県のおもてなしの心なのだろうか。

ひとり旅が少しずつ苦しくなっていく。魚津の住宅街を歩いて帰ったが、確かに浮いている。こうして、お決まりのコースを辿るだけの旅に人は流れていくのだろうか。その「お決まり」に漏れた地は、観光立国など出来ぬということである。一人の旅人を大切にして欲しいなんて言わない。一人の旅人が来ることを、魚津市には認めて欲しい。

さて、魚津の観光スポットと言えば、魚津城以上に有名なのは「蜃気楼」であろう。蜃気楼と埋没林の博物館である魚津埋没林博物館を訪ねてみた。

f:id:ettie:20080810214049j:image:w320

変わった建物であるが、建物と道路を挟んで反対側から入るようになっている。地下道をつたって本館へ行く仕組みである。

f:id:ettie:20080810214048j:image:w320

と、ここでは「魚津城址」がしっかりと観光場所として記載されているのである。確かに、立入禁止化されている観光スポットと、あの寂れた電鉄魚津駅をリンクして見学すると、魚津市について考えるところが多く、とても勉強になるので大変にお勧めである。

さて、中に入ったには入ったのだが、あまり時間があるわけでもないのに見るべきところが多く、「しまった」という感じでもあった。埋没林についての見学を優先した。貴重かつ珍しいものだそうで、国の特別天然記念物でもあるらしい。

f:id:ettie:20080706143549j:image:w320

駅までひたすら、歩く。バスがあるようだが、時間帯柄すぐには来なそうだったことから、結局最後は時間を気にしながらの徒歩強行軍となってしまった。

f:id:ettie:20080706144514j:image:w320

ようやく魚津駅まで歩いてきた。だが、駅入り口まで田んぼと住居が広がっている。市の中心部にあるJRの駅で広がるこういう風景、最近ようやくなんかアリかもねと思えるようになってきた。

f:id:ettie:20080706144842j:image:w320

JR魚津駅に到着。JR魚津駅から伸びる道路は訪れ得なかった。ぱっと見た限りは、往時は電鉄魚津駅の方が栄えていたのかもしれない。今ではこちらの方がまだ商店が残ってるかもしれない。


(追記:2009.4.26)関連記事を書きました。

学校にあるのは魚津城だけじゃない! ‐玉縄城探訪記‐

魚津城はどうあるべきか

*1 ちなみに、備中高松城には既に行ったことがある

[trip] 帰路

魚津からは特急はくたか。

f:id:ettie:20080706150552j:image:w320

北越急行車両かと思っていたが、JR西日本車両。中身はほぼ同じと言うことは分かっていても、昨日既に乗っているからなあ。

f:id:ettie:20080706150926j:image:w320

車中でますの寿司を遅い昼食とする。切るのはともかくとして、笹の葉が難儀だと言うことが分かった。

直江津で懐かしいJR東日本の駅名標に。帰ってきたんだと実感する一瞬である*1

さて、帰りの楽しみは北越急行初乗車である。

乗ってみての感想としては、「これはすごい」。トンネル区間が多いのは聞いていたとおり。もっとスピードが出てあっという間かと思ったが、それを実感することはさほどなかった。しかし、米所新潟の田園の中を突っ切るだけでなく、山の中をも裂いていくのである。新潟には田だけでなく山もあるということを教えてくれるのだった。そして、駅が誰も使わないだろってところにわざわざあるのがすごい。誰も使わないところとはいえ、秘境駅というわけでなく、集落の外れに設置されているのである。これは高速鉄道の宿命か。

越後湯沢で乗換。

f:id:ettie:20080706165948j:image:w320

MAXでないとき。200系車両は、東北新幹線ばかりに乗ってきた身としては貴重に感じられる。

f:id:ettie:20080706182020j:image:w320

東京駅到着。

*1 この戻される感を阻止するには東北旅行するしかない

本日のツッコミ(全10件) [ツッコミを入れる]
sunset641229 (2008/09/12(Fri.) 05:44)

魚津出身です。魚津城の看板と学校の安全との折衷案なんて<br>微塵も考えてなんかいないんですよね。そんな人が来る名所<br>でもないし。僕は亡くなった市会議員の孫なんで、もうすこし<br>生きていてくれたら直接文句言えたんですけどw<br><br>ちなみに電鉄魚津のステーションデパートが寂れたのは、魚津駅<br>をすこし歩いたところにあるサンプラザというデパートができた<br>からです。魚津駅を見回しただけでは気づかなかったでしょうけど。<br>そのサンプラザが、ここ10年で郊外型スーパーのアップルヒル、大<br>阪屋とか、大型ショッピングセンターのアピタに客をとられて寂れ<br>ているという現状ですね。魚津駅から伸びた道路の向こうの旧八号<br>線沿いが郊外化していて基本的に繁盛(というほどでもないけど)<br>していますね。

ettie (2008/09/13(Sat.) 22:53)

コメントありがとうございます。<br>魚津城の件は、魚津市の問題というよりは、昨今の社会事情による小学校の安全対策に対して文化財・史跡の施策が追いついていないだけで、魚津なり富山だけの問題では間違いなくありません。……おそらく、訪れる数少ない方のうち多くの方が、少し失礼して入って見学しているのでしょうけど。<br>魚津にはアピタがあるのですね。それならば駅前から人が離れるのは仕方ないことだと思います。車で行ける郊外のショッピングセンターのほうが都合いいですもん。駅前のサンプラザについては気づきませんでした。歩く時間がなかったゆえですが、魚津を書くには見聞不足だったかもしれません。<br><br>富山の海沿いは美田が広がる一方で工業が栄えていて、随分豊かな印象です。観光がないと食っていけない悲壮感がありません。魚津城がこんな有様だから魚津は寂れたってのはネタ話的問題提起ですが、保存されたステーションデパートというのは貴重だと思います。東京方面からの黒部観光の通過点で、JRと地鉄のあいだの地下通路だけしか通らないのは惜しい気がします。

neko (2008/09/15(Mon.) 16:36)

こんにちは、通りすがりの大町小学校卒業生です。<br>私が小学生の時、先生がとても熱心な方だったのか魚津城の歴史を社会の時間に細かく教えてもらったのを思い出しました。<br>うろ覚えですけど、何人もの方が魚津城で立て籠もって亡くなったとかでこの地がそんな所だったのかと幼いながらも感慨深かった記憶があります。<br>しかし、観光場所になっているなんて全然知りませんでした。何せ小学校ですからあまり落ち着いて観光できないですね、ちょっと考えものですね…苦笑<br>ステーションデパート、確か10年前はまだやっていて、保育園の頃母と一緒に買い物をしていたのを覚えています。その時はもう寂れていましたが。<br>電鉄魚津の近くにある文化町商店街は昔は人がごった返すほどの賑わいだったと聞いています、地元民としては少し寂しい感じです。

越川隆文 (2008/09/17(Wed.) 00:22)

外から見た魚津を知るには面白いブログがあるとのことで拝見しました。私、魚津市議会議員をやっております。<br>明日魚津市議会でこのブログの内容を引用させていただきたくコメントさせていただきました。<br>魚津市は史跡の保存などまだまだ不十分なところがあります。一地方の小都市ですが、せめて来ていただいた方々に失礼の<br>無いよう、また、ささやかでもいにしえに思いを馳せていただけるような場所に整備してゆかなければならないと感じた次第です。<br>匿名でのご紹介ですが何卒宜しくお願いいたします。

ettie (2008/09/17(Wed.) 21:26)

皆様、コメント有り難う御座います。<br><br>>necoさん<br>大町小卒の方からコメントを頂き恐縮です。<br>魚津城は有名な部類だと思いますが(本能寺の変に絡んでいるばっかりに)、その分「今は遺構はとくにないよ」ということもマニア層には知られてますので、訪れるひとは少ないと思います。<br>有名な城の中には、もともと天守閣がなかったにもかかわらず模擬天守と称して建てているようなところもありますが、現代までに風化してしまった魚津城は小学校として収っていて記念碑だけになっているというのは、評価されるべき史跡のあり方だと思います。<br>電鉄魚津のあたりも、昔は華やかだったのですね。アーケードや駅ビルがなくなれば、寂れているという印象はなくなるかもしれません。ですが、昔を偲ぶことは出来なくなってしまうわけで、シャッター通りの商店街を縮退させるのにも難しいところです。<br><br>>越川隆文さん<br>魚津の方が多く閲覧頂いたり、コメントを頂いたり、意外な反響に私としても驚いています。<br>本文中にも書きましたが、東京方面からの鉄路での宇奈月温泉方面へ抜けるルートである一方、駅北側が大変にのどかで、そういった面で魚津が良い評価されるというのも有り得べきとも思っています。もちろん、「蜃気楼」といった本命の観光要素や、「埋没林」という珍しい資源もあるわけですが、魚津城跡にせよ、(今は閉じられている)ステーションデパートにせよ、メインではない観光ルートにこそ心に感じられるものがあるというのが、私のスタンスでもあります。<br>反面、地域住民の方の生活を保全するというお立場もあると思います。観光地として想定していない場所を旅する人間をどう扱うかは、受け入れる側も旅する側も、もっとしっかり考えなければならない点なのでしょう。<br>#引用等はご自由にどうぞ。

こうめ (2009/02/09(Mon.) 17:57)

子どもが魚津城址跡にある大町小学校に通っています。<br>大河ドラマで魚津城が注目されていますが、現在敷地内に駐車場を整備する予定だそうです。<br>実際のところ、小学校側が諸経費を負担しなければならない事情もあるらしいです。<br>学校側としては多くの観光客がお見えになることは承知しており、仰るとおり<br>【昨今の社会事情による小学校の安全対策に対して文化財・史跡の施策が追いついていないだけ】<br>寝耳に水のような話なので父兄側としても対処に困惑しております。

ettie (2009/02/09(Mon.) 23:05)

>こうめさん<br>コメント有り難う御座います。<br>小学校も幼稚園も、入り口は手様なようですので、駐車場の整備は困難が伴いそうですね。…教職員用の駐車場も、台数が多いようには思えませんでしたが。自家用車・レンタカーで観光する人が増えつつあることは、私の周りを見ていても実感しますが、こと首都圏からの黒部観光の人たちがレンタカーで魚津城跡に行くってのはあまり想像できませんね。東海北陸道にあわせた動きでしょうか。車が小学校付近に進入するのであれば、安全面も検討しなければならないですよね。車で近くまで乗り付けないで、近くから少しは歩いて行けよとも思いますが、これは自分で運転する旅をあまりしない私特有の感想かもしれません。<br><br>本文には書いていないですが、完全な私有地になっていたりして魚津城以上に見学困難な城跡というのも存在するわけです。<br>それを考えると、昨今、日曜日で校門を開けたままにしておいてくれる学校というのは珍しい気がします。史跡であることを考慮して大町小学校・大新幼稚園側がそのような措置を執ってくれていたのであれば、絶望以前に感謝すべきでした。<br><br>私は、紆余曲折があって学校になったという推移も含めて魚津城の歴史だと思っています。碑を目の前に「関係者以外立入禁止」というのは釈然としないのですが、一方で他の復興天守のある城のように、車で小学校に乗り付けるというのをイメージしていたわけではありません。市の広報は相当気合いが入っているようですので、受け皿は城址である小学校以外の場所に用意しないと捌ききれない恐れもあります。

四次元の王者 (2009/05/04(Mon.) 00:28)

大町小学校は母親の母校で、僕は市内の高校に通ってました。<br>魚津城の戦いは、昔、童門冬二さんの小説の冒頭に描かれてたんで、当時結構周りに吹聴したのですが、全然無反応でした。<br>これは跡地が学校になっていることより、そもそもよそ者(?)の上杉×織田って戦いだったからではないかと思っています。<br>ただ、今回の天地人をきっかけに、観光資源として整備されればと思います。<br><br>なお、市の商店街の衰退は経済面では北洋漁業の衰退と連動した要素が最も大きいと思います。<br>大型店舗云々であそこまで寂れることはちょっとあり得ないでしょう。

Fract (2009/05/04(Mon.) 23:58)

はじめまして。大町小卒現在も校下在住です。<br>珍しく魚津の探訪記があったので大変興味をもって読ませていただきました。<br>まあご指摘はごもっともであります。<br>衰退の原因はやはり少子化があるのでしょうか。<br>私が在校していたころ、大町小学校は3クラス百名弱でしたが、<br>今年卒業した娘のクラスは20名にも満たず、<br>後々には近くの村木小学校と合併かという話も出ています。<br>開校130以上の歴史のある小学校なのですがね。<br>誠に寂しい話であります。<br><br>魚津に戻って10年ほどですが、町内には子供たちが減り、<br>一人暮らしのお年寄りが増えています。<br>またいつのまにかどんどん駐車場が増えています。<br>若い人たちが働いて生活してゆける基盤がどんどん壊れていて、<br>その結果商店街も廃れてしまったのだろうと。<br>その場しのぎではなく、根っこの部分からの街おこしが必要だと思いますよ。

ettie (2009/05/07(Thu.) 21:31)

皆さんコメント有難う御座います。天地人の「義の戦士たち」は防府で放送見ました。<br><br>>四次元の王者さん<br>なるほど、「よそ者の戦いだったから」というのはすっぽり抜け落ちていた視点でした。確かに、上杉にせよ織田にせよ、越中の方から見れば「侵略者」ですからねえ。越中衆が篭城兵の中にいたとしても、あまり感情移入はできないかもしれません。<br><br>6年間の地方(岩手)暮らしの経験上、一般に流布している「車でのアクセスが悪い中心商店街より、郊外の大型店舗へ」という商店街衰退の理由は身をもって体感しています。ですが、駅近くの商店を使う機会も皆無ではなかったので、根本的な理由があるのかもしれないですね。<br>私は街の商店街を歩くのが好きなのですが、寂れていても個性的な店が残っているところもあり、同じ地方都市でも差異が出てきているように見えます。<br><br><br>>Fractさん<br>ブログも拝見させて頂きました。一時的に人が来ることはあっても長続きしないだろうとのご意見にはほぼ同意します。魚津城の場合は、もともとの入りこみ数が少なかったのであれば、若干の上乗せはあるかもしれません。<br>皆さん何もないと仰っていますが、魚津城の戦いを知る以前に、科学図鑑で富山県の蜃気楼の話は小学生の時分より知ってましたし、実際かけ足で見学した埋没林は魚津に行ってみて初めて知ったのですが、大変珍しく面白かったです。魚津は観光都市というわけではなく、予算はかけられないでしょうから、如何に安価に<1>極少数の(私のような)観光客にマイナスの気持ちを持たせないようにするか、<2>乗換などの経由地として魚津を通る人に、旅の1コマとして魚津で思い出を作ってもらうか、皆で考えていかなければならないのだと思います。<br>いずれも決して魚津だけの問題ではなく、たとえば自分が住む街でもそういったことは出来ているのだろうか、疑問に思うことが多いです。


«前の日記(2008/07/07(Mon.)) 最新 次の日記(2008/07/21(Mon.))»

何かあればwebmaster@etilog.netまで