«前の日記(2008/08/02(Sat.)) 最新 次の日記(2008/08/13(Wed.))» 編集

ETilog.net

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|

2008/08/10(Sun.) 1年8ヶ月ぶり [長年日記]

[Diary][Train] 小田急多摩線はるひ野駅、京王相模原線多摩境駅

日曜の昼下がり、外へ出てみると暑くもなく晴れていていい天気。遠出するつもりもなかったのだが、どこかへ行きたくなってしまった。そんなわけで、かねてより温めていたはるひ野駅&多摩境駅探訪ツアーを突発決行した。

京王線と小田急線は、幼稚園・小学生の時分にスタンプラリーに参加したことがあり*1、すべての駅に降り立っていることになる…のだが、そのスタンプラリー後に開業した駅は未踏になっていた。流石に橋本駅は何回か利用する機会があったものの、途中駅である多摩境駅やはるひ野駅に降り立つ機会など、早々あるものではない。PASMO導入で気軽にオートチャージで引き落とされて行けることだし、ふらっと行ってみることとした。

快速急行に揺られて、下北沢の次は新百合ヶ丘。どうも、多摩急行の接続がない快速急行だったようで、3・4番線への階段を上っての乗換を強いられた。とはいえ、いつの間にやらリニューアルされた新百合ヶ丘駅。エスカレータやエレベータが完備された駅になっていた。まだ工事の最中のようだが、学生時代に降り立っていた頃と「すこし」変わっているようだ。

f:id:ettie:20080810224301j:image:w320

新宿から来た区間準急に乗って、はるひ野駅到着。

f:id:ettie:20080810224302j:image:w320

この駅の目新しいところは、小田急で一番新しい駅のくせに、対面式ホームの両側に改札のあるところ。新宿行きホームの改札は無人の自動改札のみの出口のようだが、昔はこういう駅が多かったはずだ。なお、駅の中にも外にも渡ることが出来る階段が設けられている。

f:id:ettie:20080810224304j:image:w320

駅のトップの「はるひ野駅」表記は最近の小田急の形式だが、駅下側にある駅標は小田急新ロゴを用いた目新しいスタイル。

f:id:ettie:20080810224303j:image:w320

駅前はスーパーとカウチがあるのみだが、止まっている車も多い。駅反対側は、駅を出るとすぐ宅地。駅前一等地(笑)。

ここから、京王相模原線の若葉台駅へ徒歩移動とする。

f:id:ettie:20080810224305j:image:w320

しかし、若葉台駅前にもSAPIXなんかがあったりする。1時間6本の各停・快速停車駅だが、相模原線の駅というのはよく分からない。

f:id:ettie:20080810224306j:image:w320

でも、駅ナカにこそレンタルDVDから書店、牛角からくら寿司まであるが、駅を出てすぐに何も見えないというのも相模原線の駅らしいなあ、とちょこっとだけ安心してしまう自分がいるのであった。なお、この左手にはショッピングセンターがあるのだった。

多摩境駅へ移動。

f:id:ettie:20080810224307j:image:w320

ここは東京都町田市なのだ。なかなかに訪れ難い町田市エリアである。

f:id:ettie:20080810224300j:image:w320

駅周辺にはロードサイトの店舗も多数存在するが、駅を出てすぐにマンションがある。駅近を売りにした住宅開発から始まっていったのだろう。バス乗り場もあったものの、いかにもニュータウンの駅という印象だ。

多摩ニュータウンへつづく京王相模原線、小田急多摩線は昔とダイヤもだいぶ変わった。そして、住宅(とくに一軒家)も増えた印象がある。それでも、丘の中に住居と商店があるまだら模様は今なお健在で、逆に安心できる風景だったりも、する。これで通勤すべき職場も多摩センター駅あたりにあれば言うこともなしだったわけであるが、あの混雑電車で通勤しなければと考えると、なかなか引っ越そうとは考えられないのが、少し残念である。

*1 東急も参加したことがある


«前の日記(2008/08/02(Sat.)) 最新 次の日記(2008/08/13(Wed.))»

何かあればwebmaster@etilog.netまで