最新 追記

ETilog.net

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|

2017/04/30(Sun.) 僕は嫌だ [長年日記] この日を編集

[Computer][Windows] Dell Latitude 12 7280を買う

ずっと、Thinkpad X200番台を買おうと思っていた。なかなか値段と性能の折り合いがつかず機会がなくずっと先送りになってきていた。が、今回のThinkPad X270は登場直後から割引率もよく、LTE SIMフリー対応で良い。買おうと思った矢先、あろうことか会社PCがThinkPadの200番台となる事態に。まちがいなくプライベートPCより長い時間使うため朗報であるのだが、会社と同じPCを使うと簡単にオンとオフの区別が付かなく人間である。ふとDellのほうをみると、Latitude 7280が悪くない。ちょっと迷ったが、Dell 12 Latitude 7280を大枚はたいて買うこととした。

購入に当たりネットを漁ったが、たいていはあるレビューが全く上がっていない。ネット掲示板にも書き込みが無い。人柱気分で買うに至ったのだが、レポートは上げておくべきかと思い珍しくPCのレビューをする。

f:id:ettie:20170428001729j:image

スペック(筆者購入のもの)

  • 第7世代 Intel Core i5-7300U (デュアル コア, 2.60Gz, 3MB キャッシュ) 1
  • 内蔵 HD グラフィックス 620
  • 12.5インチ FHD (1920 x 1080) アンチグレア
  • 8G (1 X 8G) DDR4 メモリ×1
  • M.2 256GB SATA Class 20 SSD
  • 17.05 mm×304.8 mm×207.9 mm、1.18 kg~

Core i5-7300Uで、ThinkPad X270の同一構成より割安感があったのもLatitudeにしたポイント。今回からフルHDを選べるようになった。12インチ台ノートPCでは珍しいイーサネット搭載のPC。

4/30時点では同一の標準構成、Dell Latitude 7280 プレミアムモデル(大容量メモリ/FHD/4G SIMフリー) で156,980円。筆者が購入時は15%オフクーポンを利用。

開封の儀

f:id:ettie:20170428001734j:image

驚くほど小さめの段ボールでやってきた。注文から配達まで16日かかった。

f:id:ettie:20170428001735j:image

しっかりと梱包されている

外観

f:id:ettie:20170428001733j:image

最近の1kg切りの重量ではないが、ある程度の性能を確保しながら軽量に沿ったPC。バランス良い。

f:id:ettie:20170428001736j:image

天板はマットコートが処理されている。質感の良さを感じることが出来る。

f:id:ettie:20170428001743j:image

天板のDellロゴ

f:id:ettie:20170428001740j:image

液晶下のDellロゴ

f:id:ettie:20170428001727j:image

ACアダプタはごついが、差し込み口は電源接続されていると白く光るスタイル。Dellではお馴染みの模様

f:id:ettie:20170428001747j:image

雑誌とのサイズ比較。一般的な12.5インチノートPCと思われる。

f:id:ettie:20170428001746j:image

ノートPC裏側。傾斜がつくようにリアに盛り上がりがある。カバンに収納するときはやや気になるが、キーボードの打ちやすさに寄与している。なお、型番に「E」がつかないことからもわかるとおり、これまでのポートリブリケータ(ドッキングステーション)用の口はなく利用不可能であることがはっきりする。

f:id:ettie:20170428001732j:image

背面にポート類は一切無い。背面としっかり分かるスタイリッシュで実用的なデザイン


キーボード

f:id:ettie:20170428001728j:image

日本語キーボード。EnterキーとBackSpaceキー(とバックスラッシュキー)が小さい。だが、記号文字ゾーンが小さくないのがThinkPad X200番台と異なるところ。存外気になることが多くDellにしてみたのであった。

f:id:ettie:20170428001738j:image:w320 f:id:ettie:20170428001739j:image:w320

f:id:ettie:20170428001731j:image

キーボードは「MAX強く押し込むとたわむ」タイプ*1。かつてのThinkPadや最近のLet'sNoteには敵わないが、ThinkPad X260と同程度の頑強さはある。通常使いでは全く問題は無い。キーストロークは浅すぎることなく、クリック感がしっかりしており好感が持てる。個人的なことだが、評価の高いThinkPad T410ではキー押し漏れが生じていたのだ。キーボードの広さに見合うキーストロークがあるのだと思う。

f:id:ettie:20170428001737j:image

f:id:ettie:20170428001744j:image:w320 f:id:ettie:20170428001745j:image:w320

キーピッチは十分と思われる。

f:id:ettie:20170428001730j:image

タッチパッドは十分な広さ。質感も良い。独立ボタンは使いやすいと思われる。


インタフェース

f:id:ettie:20170428001748j:image

PC左側。ACアダプタ、USB-C、HDMI、USBポート。USB-Cは将来性があるがまだ使う機会が無い。

f:id:ettie:20170428001749j:image

PC右側。イヤフォンジャック、microSDスロットとSIMスロット、USBポート、イーサネットコネクタ、セキュリティコネクタ。ポイントは「SD」と記載がありながらmicroSDしか刺さらないこと。ちょっと痛い。SIMはmicroSIM。イーサネット口は下側が下がって差し込むタイプ。

液晶

f:id:ettie:20170428001741j:image

非タッチパネルモデルなのでアンチグレアであるが、最近多い「わずかに光沢がある」タイプのように見える。ちょうど良いと思われる。

f:id:ettie:20170428001742j:image

ディスプレイは180度開くスタイル。

ベンチマーク色々

CPU-Zの表示から

f:id:ettie:20170427234958p:image

CrystalDiskMark

f:id:ettie:20170427234956p:image

ドラクエベンチ

f:id:ettie:20170427234957p:image:w240 f:id:ettie:20170427234959p:image:w240

CHINEBENCH R15

f:id:ettie:20170427234955p:image

まとめ

法人向けとして使い勝手の良いPC。個人的にHP、VAIO、NEC LAVIEのキーボードが好かないため(価格はこなれているのだが)、Lenovo ThinkPadに(キーボードで)対抗し得るのはDellだけという気がしている。

New Latitude 7280ノートパソコン | Dell 日本

*1 2018/2/18補足:昨今のノートPCは9割力を入れれば凹む。通常利用でたわむキーボードもある程度あるが、ThinkPadや本機Dell Latitudeはそれに当たらない。念のため。


最新

何かあればwebmaster@etilog.netまで