最新 追記

ETilog.net

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2016/01/03(Sun.) 何かを得るためには、何かを失わなければならない [長年日記] この日を編集

[Diary] 賀正

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

[Diary] 知的爆発

最近、経験値が貯まりいろいろと考えることが多い。

  • 情報システムによって確かに大きなことが出来るようになったが、システムに制約されてアジャイルな動きが出来なくなっているのではないか、システム以前のほうが幸せでなかったか
  • 1970年代、1980年代への興味
  • 老朽インフラを如何に更改していくか。鉄道や道路をどうするのか

Inputは常に実施しているので、Outputしてみて忌憚のない意見をぶつけられていきたいな、と。


最新

何かあればwebmaster@etilog.netまで