«前の日記(2007/09/23(Sun.)) 最新 次の日記(2007/09/26(Wed.))» 編集

ETilog.net

2004|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2007/09/24(Mon.) いいんじゃないんですか! [長年日記]

[Diary] みんなで池袋の街をぶらり

ねこぶくろ→そのままハンズまわり→ゲーセン→ラーメン→ファミレス

のんびりすることって、のんびりしたあとに分かるものだな。


あと、誕生日お祝いして頂き有り難うね。

[Train] 博多南駅へ行く

今年の3月に、前々から行きたいと思っていた博多南駅へ行ってきた。


時刻表の新幹線のページ、博多南線ってのを見て「なんだこれは?」と思ったのはだいぶ昔、子ども向けの「新幹線」の本にも書いていない路線、これが在来線扱いで新幹線車両が走ってるなんて? いったいどんな駅なんだろうとずっと気になっていた。もちろん、Web上にはいっぱい情報もあるけど、自分の目で見に行ってみたい。念願の時がやっとこさ来たというわけだった。

博多駅の新幹線ホームから出発。

f:id:ettie:20070816203307j:image:w320

「この列車は小倉・広島方面には行きません」の案内がいい!


博多南の行き先表示。列車はみんな自由席。特急料金100円で、新幹線に乗れる!

f:id:ettie:20070816203310j:image:w320

f:id:ettie:20070816203311j:image:w320


列車は10分ほどで博多南駅に到着。

f:id:ettie:20070816203313j:image:w320


博多南駅は那賀川町にある春日市にある*1。那賀川町の公共施設が駅近くにある。この施設はそこそこの人いり。空いていて気持ち良い、というレベル。

f:id:ettie:20070816203316j:image:w320


道路沿いに入り口もある。駅付近にはスーパーもあるようだった。消費者金融の看板が目立つのはありがちな展開だが、バス路線も来ているようで、田舎さは感じられない。ちょうど良い郊外の体だった。

f:id:ettie:20070819223017j:image:w320

f:id:ettie:20070819223020j:image:w320

駅内にはKIOSKもある。自動改札もあり、駅の利用者は多い。


博多南駅は、新幹線車両基地までの線路を利用した路線。そんなんで車両基地もあるわけで、レールスターが休んでいた。

f:id:ettie:20070819223008j:image:w320


f:id:ettie:20070819223011j:image:w320

0系新幹線に乗るのも久々だ。


博多南駅からは、九州新幹線の工事中の高架も見える。九州新幹線開業後もこの博多南駅は残るのだろうか。ただ、九州新幹線の駅として移管された場合は、それなりに料金も高くなってしまうわけで。那賀川町・春日市といった鉄路不足地帯にとっては悩ましいところである。

*1 でも、駅の出口が那賀川町にしか向いていないので、春日市側から見ると少し利用しづらいらしい

[雑感] 次の岩手行き

岩手に遊びに来ないか、行かないかとお誘いを頂くことが結構多いです。岩手は第2のふるさと…ではなく、首都圏生まれ・育ちの私にとっては(しかも追われるように一度出て行った身分としては)ふるさとそのものかもしれません。ありがたく、うれしいかぎりです。

ただ、だからこそ、今は試練の時でふるさとに甘えてばかりいてはならないのかなとも思ってます。もうちょっとそっちで頑張れよ、って岩手の風土はやさしく言ってくれていそうな気もします。

さらに、岩手に行ったことによって、この日本にはまだまだ私の知らない何かが無数にあふれていることを知りました。岩手に行く時間、お金は、是非それらを窺い知ることにあてたい。若いいまのうちには。

そういうわがままなんですが、皆さんご理解いただければと思います*1

*1 ただ、今のうちじゃないと会いがたい人ってのはいるわけでして、そんなんで行くことはあるかもしれません…最初の理由と矛盾してしまうわけですが

[結局] 要約すると

どんなに仲間がいても、淋しいと思える。たとえて言うのなら、友人の前で「僕には友達がいない」と言える心理、いろいろとここ最近考えてきたことで見えてきたものはある。

要約しなかったけどいいや。


«前の日記(2007/09/23(Sun.)) 最新 次の日記(2007/09/26(Wed.))»

何かあればwebmaster@etilog.netまで